食事量を増やさずに便秘を解消する方法

食事量を増やさずに便秘を解消する方法

便秘っていうと女性の悩みの一つですよね。

 

なぜ男性に比べて女性の方が多いかっていうと、単純に食事量の差が大きいんです。

 

沢山食べると腸内が一杯になりやすいですし、ギュウギュウになってくると便を出すように脳から信号が出て便が出るっていうメカニズムなんですが、沢山食べればこのサイクルが短くなって便が柔ら無き状態のままスムーズになりますし、逆に食事量が少ないとこのサイクルが長くなり、腸内も排出物も水分を腸壁に吸い取られて硬くなってしまってなかなかでににくくなってしまい、便秘に苦しむ、こんな感じで女性のほうが便秘に苦しむわけなんですよね。

 

朝の一工夫で快便を

 

沢山食べれば便通が良くなるっていっても、体重が気になる女性からするとそれは無理ですよね。食事量を増やさなくても、ちょっとした一工夫で毎朝快便できるって技があるんです。

 

それは、朝起きた時にコップ一杯分の水分を取ることです。

 

お水でもいいですし、牛乳でもいいんですが、とにかくお腹に刺激を与えてやるんです。実は朝起きてから0分ぐらいまでが一番腸が活発に動くんです。

 

それにあわせて口からそれなりの重さのあるものを胃に叩き込み、その重さで胃の下にある腸に刺激を与えてあげると、朝の腸内活動の効果がさらに上がり、朝に快便が出来るようになります。これだと、カロリーとかきにしなくていいですし、ダイエット時に女性には特にお勧めの方法です。

 

生きた乳酸菌を腸内に届けよう

 

腸内環境をよくするのに有名なものっていうとヨーグルトですよね。しかし、食べ方次第で効果がない場合もあるんです。

 

気をつけて欲しいのは、乳酸菌は胃酸にやられてしまうってことです。

 

ヨーグルトって美味しいのでオヤツ感覚で間食とかで食べてしまいがちですが、こういう食べ方をすると胃酸が障壁となり、乳酸菌を生きたまま腸内まで届けるのは難しいんです。お勧めの食べ方は食後のデザートとして食べることです。

 

食事直後だと胃の中は色々な食べ物や水分が入っていて胃酸の濃度が薄くなっています。この状態の時にヨーグルトを食べると、胃酸にやられずに生きたまま乳酸菌が腸内まで届き、腸内環境の改善に役立ってくれて、便秘対策に効果を発揮してくれるんです。

 

このような感じで、ちょっとした工夫で便秘対策が出来るので、もし現在便秘で困ってる方は試してみてください。