妊娠を考えるのであれば基礎体温を毎日測ることから

妊娠を考えるのであれば基礎体温を毎日測ることから

「基礎体温」という言葉、ほとんどの女性が耳にしたことがあると思います。でも、実際に測っている人は少ないのではないでしょうか?毎日測らなくていはいけない=面倒くさいイメージがあるし、起床後すぐに測るというのが習慣になるまでは忘れてしまって途中で挫折なんてこともあるかもしれません。

 

でも、妊娠を考え始めた人は自分の体のことを知るために測ることをおすすめします。朝、布団の中で寝たまま測るだけで面白いほど体の事が見えてきます。今は体温計自体が体温を記憶してくれたり、グラフ化するのに便利なアプリなどもあるので、意外と簡単に続けられると思います。

 

基礎体温は正常な人であれば低温期と高温期の2層に分かれます。この体温の移り変わりで排卵がいつ頃なのか予測することができます。妊娠したいと考えている人は、少しでも可能性が高い時にチャレンジしたいと考えますよね。排卵というのはちょっとしたストレスや体調の変化で早まったり遅れたりしてしまうものです。毎月生理がきていても実は「無排卵だった」という場合もあります。これらのことは体温表を見ればある程度予測できるので、子作りのタイミングを変えたり病院に行くなど対処できます。

 

また、高温期の長さで妊娠したかも?という可能性に早い段階で気付くことができます。例えば生理予定日前後に体調を崩してしまって薬を飲むかどうか迷うといった時に、体温を測っていればよりよい判断ができるのではないでしょうか。

 

基礎体温は自分の健康状態を知るためにとても役立つものです。妊娠のため以外にもダイエットに向いている時期、肌の調子がいい時期、女性ホルモンが正常に分泌されているのか?など実に多くの事が分かるのです。不摂生をしたり疲れていたり、ストレスを感じると基礎体温が乱れてきますので、そんな時には意識して体を休めるなど生活リズムを見直すきっかけにもなります。妊娠をするためには何よりも健康な体でいることが第一ですので、自分の体を知るために基礎体温を測り始めてはいかがでしょうか?