妊娠をしたいのであれば冷えと真剣に向き合う必要がある

妊娠をしたいのであれば冷えと真剣に向き合う必要がある

妊娠したいと思いながらも、なかなか妊娠できずに年数ばかり経ってしまうというケースが、近頃は良く見受けられます。子供がほしいのに恵まれない。精密検査では何の異常もないのに、妊娠の兆候がない。

 

このような時、まずは考えてほしいのが体の冷えです。

 

現代はどこへ行っても空調が効いていて、時には寒いくらいの場所もあります。

 

それに加えて女性はおしゃれのためなら、薄着でいることも苦にならないようで、案外体を冷やしてしまっていることに気が付かないことが多いように思えます。昔から「冷えは万病の元」と言われているように、体を冷やしてしまうと思わぬ弊害が起こりやすくなります。

 

妊娠がしにくいと感じた場合も同様で、体が冷えることにより卵巣等の機能が低下している可能性が考えられます。機能が低下しているということは、受精卵が子宮への着床がスムーズに行われないことも挙げられます。冷え性だから仕方ないと思っていては、妊娠の可能性は減ってしまいます。

 

妊娠したいと考えているならばこそ、冷えと真剣に向き合って改善するように生活を見直す必要があります。

 

冷えを改善するとなると、その方法はいくつかありますが、ポイントは血流を良くすることです。血液が正常に流れていれば、人間の体は温かくなります。

 

反対に血流が悪ければどんどん体は冷えていきます。ですから、大切なのは体を温めることで、さらに言えば子宮などがある体の中央を温めることが肝心です。まずはお腹周りを温めるために、出来れば腹巻等を使用することが効果的です。腹巻の使い始めは一日の中で、オフタイムだけでも使用することから始めると使いやすいかもしれません。

 

外出中はお腹を冷やさない服装にすることも大切です。それ以外では、習慣的に運動をすることも冷え対策には効果的です。筋肉は熱を作り出すので、体を温めるという目的には理にかなっています。これらの対策を継続していくことで、体は少しずつ温められ、低下していた各内臓機能も回復することが期待できます。

 

子宮と卵巣を温めて、本来の機能を取り戻せば、念願の妊娠も難しいことではなくなるはずです。